婚約指輪の特徴について

ダイヤモンドの輝き 婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれますが、婚約の証に男性から女性に贈られる指輪のことです。
婚約自体には公的なものがなく、役所に書類を提出する必要もありません。
婚約指輪はその替わりとして約束を形にするものなのです。
ダイヤモンドが使われることが多いですが、これは最も硬い石であることから固い絆で結ばれることを意味します。
無色透明なその色合いも純真無垢な花嫁を現すのにふさわしいとされています。
ただ好みの宝石があるのならば他のものを使用してもかまいません。
結婚式の際に指輪交換で結婚指輪を付けることになるので婚約指輪をつけるのはそれまでの間だけです。
ですが親戚や友人の結婚式に招かれたり、パーティーに参加したりといった場面で結婚指輪とともに付けることもあるので、結婚指輪同様に一生使えるデザインのものを、できれば結婚指輪に重ねてつけても問題のないデザインのものを選ぶほうがよいでしょう。
女性のみが付けるものなので男性が一人で選んできてサプライズで渡すのもよいですが、ある程度のブランドや好みのタイプいnついてはリサーチしておいた方がよいでしょう。
不安なら2人で一緒にお店に行って彼女自身に好きなものを選んでもらってもよいでしょう。

婚約指輪にはエタニティリングがおすすめ

結婚指輪や婚約指輪をお探しの方、最近人気の「エタニティリング」ってご存知ですか。
エタニティリングはダイヤがリングを一周ぐるっと覆っているリングのことで、途切れなくダイヤが並んでいることから「永遠の愛」を象徴するリングとされ、結婚指輪や婚約指輪のブライダルリングとしてとても人気があります。
豪華でありながらシンプルでストレートなデザインなので、最近人気の少しウェーブがかかったデザインやV字型のデザインのリングとも重ね付しやすく、婚約指輪と結婚指輪を重ねづけしたいという方にもおすすめです。
また、どの面もダイヤに覆われているので表・裏がなく、リングがずれてしまっても気にならないのも魅力です。
ただ、ダイヤが一周覆っていて金属部分が少なく強度がやや弱いため、小指や薬指などのあまり負担がかからない指につける方が良いとされています。
そういった面からも、一般に左手の薬指につけるブライダルリングとしてはおすすめなんです。
エタニティリングは予算的に厳しいという若いカップルや、将来サイズ変更にも対応させたいという方は、ダイヤがリングの約半周を覆った「ハーフエタニティ」というリングもありますので、こちらも検討されてみてはいかがでしょうか。
一生身に着けたいブライダルリング。
実際に手につけて、普段使いできるくらい指にしっくりなじむような素敵なリングを見つけましょう。

婚約指輪の関連サイト

鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイド

結婚指輪 横浜